コラム

初心者でも楽しめるデイキャンプ|持ち物と楽しみ方を紹介

2022年12月22日

日帰りで本格的なキャンプが楽しめる「デイキャンプ」は季節を問わず人気のキャンプスタイルです。

キャンプをあまりしたことがない方は、「短い時間で本当にキャンプを楽しめるの?」と思うかもしれませんが、実はデイキャンプは初心者キャンパーにおすすめのキャンプなのです。

この記事では、キャンプ初心者の方に向けてデイキャンプの持ち物や楽しみ方をまとめて紹介いたします。

 

デイキャンプとは

デイキャンプとは、日中だけアウトドア・アクティビティを楽しむ日帰りキャンプのことを指します。

「日帰り」と聞くとバーベキューやピクニックをイメージするかもしれませんが、過ごし方は本格的なキャンプとほぼ同じです。

日帰りなのに開放感ある自然の中で非日常的な体験ができるデイキャンプは、キャンプ初心者でも思い切り楽しめるアクティビティです。

デイキャンプというキャンプスタイルについてはこちらの記事でも詳しく解説しています。

 

初心者にデイキャンプがおすすめな理由

キャンプ初心者にまずデイキャンプをおすすめしたい理由は以下の2つです。

 

  • 日帰りだから手軽に始められる
  • 少ない荷物でキャンプを満喫!

 

一つずつ詳しく解説していきます。

 

日帰りだから手軽に始められる

デイキャンプの大きな魅力の一つは「手軽さ」です。

山奥でテント泊をするような本格的なキャンプとは異なり、思い立ったらすぐに始められる手軽なデイキャンプなら、初心者でも「今週末にやってみようかな」と思えるでしょう。

まずは日帰りデイキャンプでキャンプに慣れてから、宿泊キャンプに挑戦するという段取りも可能です。

 

少ない荷物でキャンプを満喫!

また、デイキャンプは少ない荷物で済むという点も特徴です。

デイキャンプは日帰りなので、宿泊に必要なテントや寝るための道具類、そして夜ごはんや朝食に必要な食材などを用意する必要がありません。用意するキャンプ用品が少ないため人数の多いファミリーキャンプでも、運べる荷物に限界のあるソロキャンプでも手軽に始められます。

デイキャンプから始めればキャンプの初期費用を抑えられる点も初心者に嬉しいポイントです。

 

デイキャンプに必要な持ち物は?

デイキャンプは、荷物が少なくて済む点が大きな魅力ですが、その分何が必要なのかはきちんと把握しておく必要があります。

そこでここからは、デイキャンプに用意したい必需キャンプ用品と、充実させるためにプラスしたい持ち物を紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

 

デイキャンプ必需品の持ち物

デイキャンプでは、屋外でくつろげるリビングスペースをつくるキャンプ用品と、アウトドア料理を楽しむための道具、屋外で快適に過ごすためのアイテムを最低限用意しなくてはいけません。

 

リビングスペースをつくるためには、日よけ雨除けになるタープと食事ができるテーブル、椅子が必要です。タープの設営に必要なペグとハンマーも用意しましょう。

 

アウトドア料理を楽しむためには、食材や調味料をはじめ、クーラーボックス、食器類、包丁やまな板が必需品です。調理器具に関しては、炭とバーベキューグリルを用意するのも良いですが、焚き火台を用意してダッチオーブン料理に挑戦するのも良いですし、カセットガスコンロでもシングルバーナーでも構いません。作りたいキャンプ飯に合わせて、必要なものを用意します。

調理器具は大きな荷物となってしまうことが多いので、キャンプ場のレンタルも活用しましょう。

ケニーズ・ファミリー・ビレッジでレンタルできるキャンプ用品・調理器具はこちら

 

そして屋外で快適に過ごすため、虫除けも必ず用意してください。かゆみ止めなどの薬も持参するとより安心でしょう。

 

あったら便利&楽しい持ち物

デイキャンプを充実させるために準備したい、便利&楽しい持ち物をいくつか取り上げて紹介します。

 

あると便利な持ち物の1つがウォータージャグです。テーブル近くに水を確保しておけるため、料理やコーヒーなどで水を使うたびに水を汲みに行く必要がないほか、コップをすすいだり手を洗ったりもできます。

雰囲気づくりにあるとおしゃれなポータブルスピーカー、くつろぎ空間を充実させられるハンモックなどもおすすめな持ち物です。まったりと過ごす際の冷え対策に、ブランケットも用意しておくと良いでしょう。

 

友人や家族と楽しい時間を過ごすなら、遊び道具は充実させておきたいものです。他のキャンパーに迷惑がかからないよう注意が必要ですが、フリスビーやボール、バドミントン、水鉄砲、カイトなど、屋外で楽しめる道具を持って行けば盛り上がること間違いありません。

 

キャンプスタイル別!デイキャンプの楽しみ方

アウトドア経験が少ない初心者キャンパーは、デイキャンプの楽しみ方が分からないという方も多いのではないでしょうか。

 

そこでここからは、ファミリーキャンプとソロキャンプのスタイル別にデイキャンプの楽しみ方を紹介します。友人同士やカップルでのデイキャンプを楽しみたいと思っている人もぜひ参考にしてみてください。

 

ファミリーキャンプ

ファミリースタイルのデイキャンプなら、バーベキューグリルを囲んでアウトドア料理を楽しんでみてはいかがでしょうか。金串にお肉や野菜、海鮮を刺して焼くと、アウトドアならではの豪快さや華やかさが楽しめますし、デザートにマシュマロを焼くことも可能です。

 

川や湖のあるキャンプ場を選んで、デイキャンプの合間に川遊びや釣りといったアクティビティを楽しむこともできます。釣りができるキャンプ場は用具の貸し出しがあるので心配はいりませんが、川遊びの場合は水着や着替え、ウォーターシューズ、浮き輪やボート、魚用の網や水鉄砲などがあると子供と一緒に思いっきり楽しめるでしょう。

 

ソロキャンプ

ソロスタイルのデイキャンプなら、焚き火をじっくりと楽しむ贅沢なひとときを過ごせます。薪を割ったり天然の着火剤となるフェザースティックを作ったりする作業が楽しめますし、火を前にリラックスして過ごすことも可能です。

 

誰にも邪魔されない空間と時間を確保できるため、昼寝や読書をまったり楽しむのもおすすめです。リクライニングチェアやコット、ハンモックなどを用意すると満足度の高いデイキャンプを楽しめるのではないでしょうか。

 

数人で行うデイキャンプに比べると、「デイキャンプ×ソロ」は少ない荷物でできます。ファミリーや友人同士、カップルで楽しむのとは別に、ソロデイキャンプを楽しんでみてはいかがでしょうか。

ソロデイキャンプについてさらに詳しく知りたい方はこちらの記事もご覧ください。

 

初心者でもデイキャンプを満喫できるキャンプ場のポイント

デイキャンプを楽しむためのキャンプ場選びですが、初心者が注目すべきポイントは、「スタッフが常駐している」「水回りの設備が充実している」「アクセスが良い」の3つです。

 

スタッフが常駐しているキャンプ場なら、準備や片付けなどで不安に感じたり困ったりした時にすぐに頼ることができます。実際にお世話になることがなくても、助けてくれる存在がいると分かっているだけで安心感が違います。

 

水回りの設備に関しては、あると便利な持ち物にジャグを紹介したように、アウトドアには水が欠かせません。料理ではもちろん、使った調理器具や食器類、遊ぶ中で汚れた手足をきれいにするのにも水が活躍します。炊事場はもちろん、コンロ専用の洗い場や広々とした足洗い場、シャワーの有無などもチェックしてみてください。

 

そしてアクセスの良さも重要です。移動だけで疲れてしまわないよう、気軽に足を運べるキャンプ場を選ぶのがおすすめです。

 

デイキャンプなら「ケニーズ・ファミリー・ビレッジ」

キャンプ場選びに迷ったら、埼玉県飯能市にある「ケニーズ・ファミリー・ビレッジ」にぜひお越しください。

スタッフが常駐しているキャンプ場で、水回りは炊事場をはじめコンロ専用の洗い場やシャワー室、洗濯機などを完備しており、都心から車で約1時間とアクセスのしやすさも抜群です。

川に面しているキャンプ場なので川遊びが楽しめるほか、釣りや魚の掴み取りも開催しており、捕まえた魚を食べるところまでも楽しめます。思い切り体を動かせる広場や遊具もあるため、ファミリーでのデイキャンプにもおすすめです。

 

また、ケニーズではさまざまなキャンプ用品を貸し出しています。手持ちのキャンプ用品が充実していなくても、全くキャンプ用品を持っていなくてもデイキャンプを楽しめます。

「ケニーズ・ファミリー・ビレッジ」は初心者のキャンプデビューに最適なキャンプ場と言えるでしょう。

 

まとめ

デイキャンプは、日帰りで気軽に、少ない荷物で始められるキャンプスタイルです。

初めてのデイキャンプは不安なことが多いかもしれませんが、スタッフ常駐のキャンプ場ならアドバイスがもらえますし、キャンプ用品をレンタルできるキャンプ場なら忘れ物があっても慌てることがありません。あとは炊事場と楽しめるアクティビティが充実していれば、初心者でもデイキャンプを存分に楽しめます。

 

本格的なキャンプに挑戦する前の第一歩として、「ケニーズ・ファミリー・ビレッジ」でのデイキャンプを楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

 「ケニーズ・ファミリー・ビレッジ」の予約はこちらから

おすすめコラム情報